Our impact reports

生物多様性にポジティブな影響を与える

気候非常事態の発生とともに、生物多様性の消滅も、現代を生きる私たちにとって差し迫った問題の一つです。生命は進化していくにつれ、その多様性と複雑性もより高まっていきます。例えば、植物種の多様性を増大させると、それが生態系サービスの向上に寄与することを私たちは知っています。人類として、そして企業として、私たちはどのような貢献をして生物多様性が繁栄し続けることを約束できるでしょうか?

現行の推定では、地球上の全哺乳類の内、あらゆる種を含む野生哺乳類が占める割合はたった4%です。人間が36%で、60%は家畜を中心とした人間に飼いならされた動物です。鳥類を見ると、家禽(かきん)が70%を占め、自由な野鳥はたった30%です。農業に関しては、たった9つの植物種が全ての作物生産量の66%を占めています。

私たちは自然由来の原材料をふんだんに使用した化粧品を作る事業を行っているので、生命が豊かに栄えたコミュニティに頼っています。ラッシュが選ぶ原料の種類、その原料の栽培・調達法、どれくらいの廃棄や汚染をラッシュの事業が生んでいるか、そして気候変動や土壌劣化といったより大きな要因の原因にどれくらいなっているか、などの点から私たちは生物多様性に影響を与えています。私たちの長期的なコミットメントは、ラッシュのビジネスがこの惑星上に息づく豊潤で多様で青々とした命にポジティブに寄与しているようにすることです。これは言葉で聞く以上に行動に移す際には慎重さを要し、結果の測定が難しいものです。

ラッシュのサプライチェーン内にある自然生息地にかかっている負荷をより理解し、原材料の供給と生物多様性が手を取り合いながらやっていくことができることをはっきりと示すプロジェクトを開発、支援し続けながら、その負荷を減らすことに努めるところから始まります。ラッシュの商品が持つ効果も、800以上の自然原材料、エッセンシャルオイル、317個の種から作った安全性が確認された合成物質を用いた慎重な処方のおかげであり、私たちのサプライチェーンの豊かさと多様さを高めています。

参考資料

Biodiversity Map

(RE)WILD LIFE

2020年ラッシュ パーム報告書

Our impact

私たちは、サプライチェーンからあらゆるパーム油の痕跡を根絶することに取り組んでいます。

より多くのパームフリーの原料が準備中であり、私達は着実に進歩しています。

ラッシュの共同創立者であり商品開発者であるヘレン・アンブロッセンからのメッセージ

自社製品の設計のキャリア(45年近くにも及ぶ)の全てにおいて、その材料の仕入れ、製造、小売り、使用において生じる環境問題の解決方法を私たちは模索してきました。そうすれば私たちのお客様は、ラッシュの商品が環境に配慮されて開発されていると知った上で楽しむことができるからです。

私達は常に、製品の環境インパクトを改善する取り組みをしてきました。これはつまり、一度に複数の問題を探ることを意味します。ネイキッドやプラスチックフリー、セルフプリザービング処方、パームフリーといった商品は、全て私達が開発し、その要素を実現しています。但しお客様は効果的で用を成す商品を期待しているということを忘れてはなりません。商品がいかに「グリーン」であろうとも、お客様にとって効果がなければ、二度と買ってはくれません。ちゃんとした効果を彼らは期待し、私達はそれを提供できるように取り組むのです。

私達はパームフリーの製品設計に何年もの間取り組んできました。商品の多くはパームフリーですが現段階において商品レンジごとにパームフリーだと宣言できる立場にはありません。原材料にパーム油やパーム核油は使っていません。しかし、商品に使う原材料の中には、パームフリーでないものもありますし、ココナッツといった他のオイルと混ざってしまっている可能性もあります。これらのブレンドのベースとなる原材料に関しては完全に追跡できないものもあります。従ってパームを一切使っていないと現時点では保証できないのです。供給元に関しても、それがサステナブルなパームかどうかの充分な追跡ができているとは言えない状況です。

私達が調達しているパームベースの原材料を調べ、自社で製造できないか検討しました。例えば、私達は自社でソープを製造しているので、シャンプーベースを(使用量が最大)調べました。シャンプーベースは同じ原料及び製法で作られており、製造過程はソープのそれとさほど違わないものもあります。ただそれらは酸性の材料を沸騰させたり、非常に高温のものを扱うことを含むため、自社ではできません。

そのため、私たちの動物実験ポリシーや革新や発明を考慮に入れた上で私たちが調達できる原材料をどう処方するかという話になるのです。これに関して共にやっていけるようなメーカーやサプライヤーを私達は必要としていますが、常にそれが可能だとは限りません。

ラッシュは大企業ではありますが、世界規模で見るとまだまだ小さく、私達の購買力も常に充分に強力であるとは言えません。ただ一部のメーカーは私達と仕事をしたいと望んでくれており、彼らのサポートには感謝しています。このことは彼らにとっても新しい原材料の開発にもつながります。例えばソープフレークは、動物実験をしておらず、パーム不使用で、彼らがラッシュ以外の供給先にも販売できるものです。

シャンプーベースに関しては良い進捗を見せていますが、これは私たちがそのベースとなる原材料に最もパームを使用している分野です。ラッシュは、バルクサイズから言っても金額から言っても、殆どこのために仕入れています。現在クリームの乳化剤を見直しています。

これらは敏感肌、デリケートなお肌に効果を発揮する、何千人ものお客様にとっての生涯にわたるお気に入り商品でもあるため、その作業には細心の注意を要します。間違わないように進めなくてはなりません。

ラッシュは環境面の多くで進歩してはいますが、この地球に損害を与えているパームの生産といった環境問題を解決するためにすべきことがあります。私たちが起こせる変化はお客様に知られ愛される商品を提供することだけでなく、その商品を使うことによって環境に与える影響を最小限に抑えられるという知識を透明性と共に与え、安心させるものでなくてはいけません。

Lush Palm Report

130万キロ平方メートル 1990-2016年にかけて南アフリカより大きい範囲の森林が世界中から失われました。

私たちの狙い

私たちの調達戦略の核には、サプライチェーンが与える悪影響を削減し、良い影響を促進するという恒常的な衝動があります。世界規模の問題にいかに貢献できるかを理解するために原材料を分析することで、私達は積極的にサプライチェーンの改善に取り組むことができるようになります。

森林破壊は気候変動の主因です。森林破壊の主因は、家具や紙のための材木取得、畜産、それに大豆やパーム油のための栽培です。これらの問題に私たちが寄与しないようにするには、私達はサプライチェーンのリスク指標を調査しなければなりません。この指標となるのがパーム油の使用です。

2006年以来、ラッシュはパーム油及びパーム核油をサプライチェーンから取り除く取り組みをしてきました。進歩はあり、私たちははるかに多様な油原料から得た原材料を調達しています。これにより、完全にパームフリーな製品を数多く生産することができるようになりました。

この報告書では私たちが起こしてきた変化を探求し、パームのデータベースに関する広い概要を提供し、植物油の原料(パーム、オリーブ、ココナッツ、菜種)ごとのインパクトを比較することで、変更することのインパクトをより良く理解できるようにします。

国 vs 森林破壊から見た炭素排出量

中国10
アメリカ5
森林破壊4.5
EU4

パーム油:世界の状況

パーム油とは?

パーム油は世界規模で見ても圧倒的に最も重要な植物油の原料です。オイルはアブラヤシの果肉から抽出されます。果実の中には殻(内果皮)に入った種子があり、これは肉質の中果皮に包まれています。二つの化学的にも異なるオイルが、果肉から得られます。一つ目は私たちがパーム油として認識しているもので肉質の中果皮由来のもの、二つ目はパーム核油という、種子の中から得られるものです。これらのオイルは驚くほど汎用性があり、幅広い使用方法があります。パーム油の71%は食品・飲料産業で使用され、24%は化粧品、残る5%はバイオ燃料や動物の飼料、その他多くの用途に使われます。

アブラヤシは西アフリカの熱帯雨林地域が原産です。観賞用樹木として世界中に運ばれ、東南アジアにまで普及し、そこで繁栄し、原産地から遠く離れたところで最大の商業生産作物となったのです。今やパームの85%はインドネシア及びマレーシアで生産され、残りの15%がその他42か国で生産されています。以下のグラフは世界のヤシの生産量の驚異的な成長を示しています。

Palm Oil production rates in tonnes

19611,478,901
19712,159,330
19815,295,847
199111,879,204
200124,823,746
201149,450,091

パーム油は世界的に生産されている植物油の一つに過ぎません。植物油の需要は大きく、増加の一途をたどっています。2018年から2019年にかけて、世界でおよそ2.03億トンが生産されましたが、2050年までに3.07億トンに達するとされています。

油脂化学産業

植物油は化粧品において多くの用途があります。未加工の状態ではテクスチャーと潤いを提供しますが、もっと重要なことは、それが多くの化粧品の原材料の元となることです。オイルはグリセロール、脂肪酸、脂肪アルコールといった個別の成分に分解することができます。これらの派生物はその後、柔らかくする、あるいは泡立たせる性質のため、商品に使われます。派生物の工業的な加工には、未加工のオイルに比べてはるかに複雑な、長く細分化されたサプライチェーンへとつながる多種多様な関係者が関わります。この複雑さは、農園と商品に使われる原材料の間に、多くの変容と、また製粉、粉砕、研磨、精製、分別、取引、油脂化学製造を行う数々の中間業者が存在するという事実から生まれています。

2018/2019 Global Production

パーム油73.49
大豆油56.97
菜種油27.96
ひまわり種子油19.45
パーム核油8.57
ピーナツ油5.57
綿実油5.2
ココナツ油3.63
オリーブ油3.1

持続可能なパーム油

書面で見るとアブラヤシは完全無欠な作物に見えます。経済寿命は長く、多く収穫でき、2種類の栄養豊富で用途の幅広いオイルを生み出すのですから。ただしヤシは1600mmから5000mmの高い降雨量と高温を必要とするため、地球上のもっとも生物多様性のある地域に制限されるのです。これら地域で拡大した結果、森林と泥炭地の破壊を引き起こす主因となってしまいました。通常火を使用することによって引き起こされる熱帯雨林と泥炭地の破壊は、気候変動や生物多様性の喪失、土壌の侵食、水の汚染、侵入種の主な原因であると共に、人権の侵害でもあります。

  • IUCNレッドリストに掲載されている193種の近絶滅種(絶滅危惧IA類(CR))、絶滅危惧種(絶滅危惧IB類(EN))、危急種(絶滅危惧II類(VU))にとっての主な脅威
  • 拡大が世界の全絶滅危惧哺乳類の54%及び全絶滅危惧鳥の64%に影響を与える可能性がある
  • 2005年から2015年の間にボルネオ島で起きた全ての森林破壊の50%はアブラヤシの開発によるものだった
  • 7万2千人から20万人の無国籍の児童がマレーシアのパーム油農園で働いている
  • アブラヤシの商業用土地使用権は、法的に認められているか否かに関わらず、地域の森の59%を占めている

2015年、インドネシアで土地開墾による火災で発生した煙霧が原因で、50万件の呼吸器疾患が報告され、19人が死亡しました。

サステナブルなヤシは存在しうるか

環境インパクトの最中にあっても、世界最大の保全団体であるWWFとIUCNはどちらも、他の油糧作物から採れる油量がはるかに少ないため、ヤシからの切り替えは、むしろより広範囲な土地に影響を広げるだけだと主張しています。彼らは代案として、業界が持続可能なヤシ栽培を求めるべきだと主張しています。現在唯一認められている認証機関はRSPOのみです。また認証を受けて供給されているのは、生産されている全パーム油の19%に過ぎません。

RSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)は2004年、増加したパームセクターへの詳細な調査の結果設立され、世界で最も利用されているパーム油の自発的認証スキームとなりました。その最終的な目的は、合法で、経済的に実行可能で、環境にとって適切で、かつ社会的に有益な管理と運営から成る、持続可能な生産を標準にすることです。これは以下の一連の目標と原理を、付随する指標とガイダンスと共に適用することで実現されます。

RSPOはアブラヤシ産業において重要な力を有すものの、批判がないわけではありません。RSPOに関する環境調査エージェンシーによる二度目の報告書において、彼等は、認証された商品に誤った環境信頼性を与えたことにより「グリーンウォッシング」をしたと評価されました。それによると、基準は充分に推進されておらず、農園の不正な監査があり、未だに原生林は伐採され、地元住民の土地の権利も侵害されているとのことです。他の多くのNGO団体もこれらの批判に追従しています。

更には認証パーム生産へのコミットメントの欠如もメンバー達に見られます。メンバーの人数に比較して認証パーム油の量が少ないことを考えてみれば明らかです。更に、消費材メーカーや加工業者・卸業者・小売業者といった、栽培者ではないメンバー達が認証パーム油を購入する際の要項も全くありません。RSPOが大胆な野望を掲げつつも、そのための基準の導入が足りていないことは明白です。パーム業界の体面を保っているだけに過ぎません。

ラッシュのキャンペーン:S.O.Ssumatraについて

スマトラ北部では、かつては荒廃していた世界遺産の森がある地域に生物多様性が戻ってきています。レウセル生態系があるグヌン・レウザー国立公園は、世界で最も重要な森林地帯の一つとして認識されていますが、アブラヤシ農園(プランテーション)、違法伐採、狩猟の脅威にさらされています。 2017年以降、スマトラの環境保護団体Orangutan Information Centre(OIC)とSumatran Orangutan Society(SOS)の2つの団体と、ラッシュの支援により、公園に隣接する約100ヘクタールのアブラヤシ農園が変貌を遂げました。

  • 2008年の資金提供開始以来、ラッシュのお客様を通じて、460ヘクタールの古いアブラヤシ農園を原生林とアグロフォレストリーに戻す支援につながりました。
  • OICのチームは20の種を混ぜて1ヘクタールあたり1100本の木を植えています。これは50万6000本の木が植えられているということです! 
  • 「オランウータン ソープ」1万4600(現地に野生で残存しているオランウータンの数)個の販売によって、12万6,014ポンド(約1,900万円:1ポンド150円換算)が集まりました。このキャンペーンは、新たに50ヘクタールの土地を購入して再植林するために2018年に復活しました。
506

thousand trees planted

左側:オランウータンは絶滅の危機に瀕しています。彼らの住むインドネシアの熱帯雨林が破壊されています。

「オランウータン ソープ」または「スマトラ シャンプーバー」を#LushLabsを通じて購入すると、スマトラのシンタ ラジャにある50ヘクタールのアブラヤシ農園購入のための資金を集めるSumatran Orangutan Societyへの寄付になります。この土地は、森林の境界にある脆弱な隙間をSOSが塞ぐことを可能にする、重要で戦略的なものです。

 

右側:50ヘクタールという大きさは以下のものに相当します:

・ロンドンのバッキンガム宮殿6.5個分

・パリのルーブル美術館7つ分の大きさ

・ローマのコロッセオ25個分

・ミュンヘンのマリエン広場100個分

・東京ドーム10個分以上

(RE)WILD LIFE

ラッシュでパームはどのように使われている?

ラッシュはパーム油やパーム核油を一切購入していません。
しかしその由来物は当社の界面活性剤や乳化剤の一部に使用されています。

ラッシュはパーム油やパーム核油を一切購入していませんが、その由来物は当社の界面活性剤や乳化剤の一部に使用されています。これらの材料の一部については、サプライヤーと協力して代替品を調達することができていますが、残りに関しては、信じられないほど複雑なバリューチェーンがあるために、パームが入っていない原材料を確実に調達することは残念ながら不可能に近い状態です。これは、界面活性剤業界がパームを使用することで成り立っているからです。そして石油化学業界と同様に、一連の工程は規模が巨大でないと経済的にならないため、パームを使用せずに同じ原材料を生産したいと考えても、小規模なメーカーはそうすることができないのです。従って私たちが商品に対して行う全面的なリフォーミュラ(再処方)と再構築にかかっているのです。

最新の変更点は?

当社の合成物質に使用される原料を多様化するためにサプライヤーと協力することで、1つの生態系への負荷を減らし、森林破壊や土地の劣化という全体的なリスクを軽減していきます。更には、使用されているオイルの種類や栽培方法に関して、より多くのトレーサビリティを確保し、管理もよりしっかりできればと考えています。これは長く複雑な道のりでした。

最新の動向を見ると、2020年の春、商品にはパームを含まない多様な原料が配合された商品群が広がっています。これが新成分を配合した商品の使用感をお客様に気に入っていただけるかどうかを実証する試験になり、その試験をこれらの商品が担っているということです。

ソープの多様化

商品からパーム油を取り除く上での最初の試みは、当社の石ケン素地をパームフリー処方に変更することから始まりました。これは、自分たちでベースを作りそれを商品で試してみて、そこからパームフリーベースの製造を外部の石ケン素地のメーカーに依頼するというものでした。元々の処方は、水素添加された菜種油、ヒマワリ油、ココナッツ脂を組み合わせたものでした。しかし、この少し後に開発された、水素添加菜種油とココナッツ脂から作られた別のメーカーのベースに座を明け渡し、パームフリーの石ケン素地は2007年に実現することができました。

以来、私たちはほぼ全ての自社ソープからラウリル硫酸Na(SLS)とステアリン酸Naも取り除きました(もしくはパームフリーのステアリン酸Naで代用)。ソープカテゴリー(サンフラワーソープを除く)はしばらくの間パームフリーでしたが、先頃商品の安定化のために「フレッシュフレンド」にSLSを再度配合させる必要がありました。(現在、ソープカテゴリは2商品のみにパーム由来の原材料が含まれています。)

また、13種類のオイルをそれぞれ使用した一連の自社製石ケン素地も導入し、6つの生産者協同組合に所属する何千人もの農家を直接支援しています。パーム油を取り除き、完成品により幅広い原料、質感、効果を取り入れることで、ソープカテゴリーに利益をもたらしました。今では、どのソープも同じ素地に頼るのではなく、混ぜ合わせて使える素地が集まっています。

233

ラッシュ独自の石ケン素地を作ることで、233トンのパームの使用が避けられます
(RE)WILD LIFE

今後のステップと未来へのビジョン

パームフリーに向けてのラッシュの次なるステップは?

ラッシュは、最終製品の使用者として原料の配送業者やメーカーに頼っています。そのため私たちはパームの初期段階の栽培や主要な悪影響をもたらす工程からは遠く離れた所にいます。殆どの製造業者は界面活性剤を生産するために、加工したオイルや脂肪酸、アミンを購入しているため、彼らもオイルの初期段階の調達工程からは離れた所にいます。森林破壊の原因にならないようにするためにも、私たちのサプライヤーと協力して、サプライチェーン内での透明性とトレーサビリティを高めることが不可欠です。これは当初から私たちのバイイング戦略の一環として行われてきましたが、成功する確率を高めるため、2018年と2019年に大きなステップを踏み出しました。

これから

私たちは、現在も製造されている原料に代わる新たな原料を探し続けている一方で、パーム由来の合成物質を取り巻く業界全体を方向付けるにあたって、より大局的な解決策の策定に向かって行くことを決定しました。これが、ラッシュがパームフリーになる唯一の方法です。解決に向けての入口に立っていると私たちは考えていますが、私たちの商品に適し、動物実験が行われていない様々なパームフリーの合成物質を提供するためには、他社の協力と投資が必要です。ここから、これ以上の森林破壊の防止に向けて、真の世界規模での変化を起こせると私たちは信じています。

課題 必要とされる変化を生み出すためには、いくつかの大きな課題を克服しなければなりません。

  1. 合成用のバッチの最小サイズでも、私たちの年間使用量よりはるかに多いことがよくあるため、使い手を他から見つけてバッチを全て活用する必要があります。
  2. 完全炭素鎖(C8-C18)の使用;私たちが使用している界面活性剤の多くは、そのほんのわずかしか必要としていませんが、現在の工程では必要よりはるかに多い量が作られています。
  3. 新しい原料を試す能力があり、動物実験反対ポリシーに署名できるサプライヤーを見つける複雑さ
  4. ベースオイルのエトキシル化は、スケールメリットゆえに地球上のいくつかの大企業に牛耳られているので、これらのいかがわしいビジネスに依存しないサプライチェーンを構築するのが難しい状況です。

解決策

これらを乗り越えていくためには、森林破壊や生物多様性の喪失に繋がらない適正な成分量を展開していくという共通の目的を持って、より大規模な企業グループを形成しなければなりません。

Audio player image

12:11