ラッシュ従業員共益信託

2017年からラッシュは株式の10%を従業員が保有しています

ラッシュが会社として存在し、そして会社としてあるべき行動を取るためには、独立した企業である必要があります。

株式公開や、企業のように他の誰かに所有されておらず、純粋に利益のみを追求する投資ファンドの所有下にもありません。ラッシュ従業員共益信託(EBT:Employee Benefit Trust)は、ラッシュの株式の10%を保有する信託です。ラッシュの他の株主とともに、ラッシュEBTはラッシュの一部を所有しています。ラッシュグループ国の従業員は、ラッシュEBTの受益者であり、5名の管理者が全従業員を代表して信託を管理します。

(2022年4月25日 更新)

企業が従業員ごと売られる可能性があることは、恐ろしいことです。私たちの従業員の多くは、長年ラッシュとともに道を歩んできました。それゆえに、彼らのライフワークも会社とともに売られてしまうということになってしまうのですから。

ラッシュ ディレクター カール・バイグレーブ

私たちがEBTを必要とした理由

従業員オーナーシップは、ラッシュにおいて15年以上模索してきたものです。

ラッシュの中心は、常に従業員であり、従業員オーナーシップの会社がもつ企業カルチャーがすでに育まれてきたという背景もあったことから、従業員オーナーシップを選択することは理にかなったものでした。

従業員共益信託制度を持つ目的は:

  • 私たちのエシックス(倫理観)を堅持すること
  • 会社の独立したオーナーシップを担保すること
  • ボーナスカルチャーを維持すること

今後のビジネスにとって最良なオーナーシップの仕組みは、株式が次の両方に保有されていることだと確信しています。

  • 家族信託
  • 従業員共益信託

私たちが従業員共益信託を実行した理由

創立者と株主は、従業員一人ひとりの会社への貢献に感謝しています。全従業員をEBTの受益者にすることで、彼らがラッシュの発展のために注いだ努力と献身を認識しています。

ある従業員がラッシュのエシックスを信じて働いているなら、EBTを通じてエシックスが確実に遵守され、維持され、保護することができます。

私たちは、従業員が会社とともに売買されるべきでないと考えています。ラッシュが外部機関に買収されたり、乗っ取られることはありません。EBTはこれを保証します。現在の株主が、外部の第三者に自身の株式を売却しようとし、これにより経営権が移る場合は、EBTを通じて従業員が合意する必要があります。

現在ラッシュに勤務する株主は、もし自身の株式を売るときはそれをラッシュに売り戻すという契約を交わしています。

10%

の株式を社員が保有

その結果

  • 従業員は常にラッシュの株式を所有します。会社を高値で買収することは誰にもできません。
  • ラッシュは独立した会社であり、自分たちの意志に沿って行動できます。
  • 全員により多くの情報を伝達できます。これは、店舗や製造現場にメッセージを届ける際、全従業員にそれを伝える人物を任命できるということです。
  • ラッシュで働く全員に、私たちがエシカル憲章に忠実でいることをサポートする責任があります。EBTの受益者として私たち全員が、ガイドラインに対して責任を持ち続ける上で、積極的な役割を果たすことができるのです。
  • ラッシュで働く誰もがボーナスを得られるべきです。社内全体のどの役割であろうと、全従業員がボーナス制度の対象になる資格を守るために尽力しています。
  • 管理者からの忠告を受けることなく、エシカル憲章が汚されたり、貶められてはなりません。ラッシュがエシカル憲章に違反していると思われる場合、発言することができます。

現在の管理者

5名の管理者が従業員を代表して各信託を管理します。

  • 2名の会社選出管理者
  • 2名の従業員選出管理者
  • 1名の独立管理者

ラッシュのエシカル憲章

従業員共益信託設立の目的は、ラッシュの倫理的基準を維持させるための核となるバリューを守ることです。この目的の元、従業員の意見が無視されず、ラッシュのエシックスを害する決定がされないよう、従業員共益信託を通してプロセスを強固なものとしていきます。これにより、重要な決定に必要な変更事項の裏にある問題が従業員に説明され、全員の意見を考慮し、情報を得た上でリーダーたちが決断をすることができるようになります。

従業員共益信託(EBT)は、10%の新規株式が信託に発行される形で誕生しました。EBTによって、従業員が深く関わりラッシュの独立性と倫理原則を守る上での声を持って、届けてくれることを願っています。

ラッシュグループカントリーで雇用されている人であれば、誰でも自動的にEBTの一員となります。社員登録が済み次第、あなたの声と投票は有効になります。EBT参加のためにしなければならないことは何もありません。

グループカントリー:オーストラリア、オーストリア、バーレーン、ベルギー、ブラジル、ブルガリア、クロアチア製造工場、チェコ共和国、エストニア、フランス、ドイツ、香港、マカオ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、日本、ルクセンブルク、オランダ、ニュージーランド、オマーン、ポルトガル、サウジグループ、スペイン、スウェーデン、UAE(アラブ首長国連邦)、英国

私たちのパートナービジネスは、パートナー達が共同所有しており、将来的に彼らが同様のものを実施する可能性があるため、EBTの仕組みを見てみたいと関心を寄せるパートナーもいます。

パートナービジネスにおける従業員相互信託については、二通りあります。過去には事業を売却したいパートナーがおり、LUSH UKがそれを買収しました。こうした場合、その国のラッシュは、EBTに組み込まれることになります。もしくは、パートナーが辞職したい場合、自国でEBTかそれに相当するものを設立することが可能です。従業員の利益のために設立されるものである場合、それはこのEBTとは別のものになります。

いいえ、従業員が自身の財産を出資する必要はありません。これは持ち株制度ではありません。株主から株が入手可能になった場合、LUSH  COSMETICS LIMITED がその株を購入してEBTに再発行することができます

退職し社員名簿から抜けると、EBTの一員でなくなります。

Audio player image

12:11