ラッシュの動物実験反対ポリシー

今も貫く動物実験反対ポリシー

ラッシュは動物実験を行いません。ベジタリアンの基準を満たさない動物由来の原材料を利用することもありません。現在も、そしてこれからも、動物実験の実施や委託に関与のない会社からのみ原材料を購入します。ラッシュは動物実験を一切許容しません。お客様の安全は重要だと考えていますが、動物実験を行わなくても安全を確保することはできるのです。

ラッシュが定めた基準日である2007年6月1日以降に動物実験の実施や委託、または関与が判明した生産者や取引先からは原材料を購入しない方針です。ただし、その生産者や取引先が今後は動物実験を行わず、代わりに私たちが容認するインビトロ試験(生体外の管理された環境において特定の手順で行う試験方法)の実施を表明している場合にはこの限りではありません。

REACH法(化学物質の登録、評価、認可および制限)に関連して避けることのできない例外があることは認識していますが、私たちは引き続き安全性試験で動物を使用しない代替手法を採用するようサプライヤーに奨励し続け、動物実験代替法の研究開発に資金提供していきたいと考えています。

創立以来、私たちはこのポリシーに基づいてラッシュというブランドを築き上げてきました。動物実験を実施せずとも、幅広いラインナップの素晴らしい化粧品を開発し、製造・販売することができると私たちは信じています。ラッシュの創立者たちがこのポリシーを設定したのは1993年6月。ラッシュの前身ブランド「Cosmetics to Go」を経営している時のことでした。つまり、1995年のラッシュ創立時には、このポリシーのもとでラッシュというブランドを立ち上げ、それ以来ずっと貫いています。

さらに詳しく  →

動物実験反対に向けた戦い

0:00