DIGITAL ETHICS

テクノロジー業界に革命を – ラッシュのデジタルエシックス

ラッシュは、テクノロジーとは社会や環境から奪うよりも多くのものを与えてくれるものだと信じています。テクノロジーは大きな意味での「善」を創出し、社会にポジティブな変革をもたらすこともできるのです。

ラッシュは倫理的で責任あるハードウェア、データ、デザイン、そしてオープンソーステクノロジーを支持し、共通の考えを持った組織や団体を後押しします。ラッシュが責任ある原材料の調達方法を追求し、従業員の権利を大切にすることと同様に、ラッシュのデジタル部門もまた、コミュニティに還元できるエシカルなテクノロジーを信じています。そして、これまで一握りの企業しか存在しなかったテクノロジー業界にオープンソースソリューションを提供し、透明性あるサプライチェーンやデジタルイノベーション、そして未だ語られていない「Tech For Good (良き事のためのテクノロジー)」のストーリーを伝えたいと考えています。

デジタルエシックス ポリシー

フレッシュハンドコスメを提供する私たちが、倫理的でないテクノロジーに対して戦いを挑むことは理にかなっているはずです。私たちは、奪う以上に再生すること、透明性を持って行動すること、そしてイノベーションを推し進め、業界のスタンダードを高めることを目指すという倫理的指針に則り、テックコミュニティの一員としての役割を高めています。ラッシュの デジタル部門は、テックビジネスに関わるものとしてその信念に責任を持つため、独自のデジタルエシックスポリシーを策定し、デジタル関連のプロダクト設計、構築、発売する度に検討を重ねています。

ラッシュのデジタルエシックスポリシーは以下の3要素で構成されています。

1. オープンソース
2. エシカルなハードウェア
3. エシカルなデータ

1. オープンソース

オープンソースは企業活動全般において大切にしている考え方ですが、ラッシュビジネスにおいてはこのプロセスを別の表現で説明することができます。

固形ソープの原材料である石ケン素地を例にとってみましょう。 パーム油を使用しない石ケン素地を自社で開発するため、ラッシュでは長年研究を重ねました。この方法が自然環境にポジティブな影響をもたらすと信じているからこそ、私たちはこのやり方を自分たちだけのものにすることを望んではいません。ラッシュではこのベースに色や香りを加えて唯一無二のソープを作っています。ソープの配合レシピが公開されることはありませんが、パームフリーの石ケン素地の配合は公開し、他社が商品を製造する際に使えるようにしました。

オープンソースは、石ケン素地の例と似ています。オープンソースコミュニティにとって価値があると思ってもらえるデジタル製品をラッシュが開発した際は、そのソースコードを公開し、誰もがそのコードを使って製品を開発できるようにします。ソープのように私たちの製品を唯一無二なものにするために必要な要素を提供することはできないかもしれませんが、他のデベロッパーにとっては十分価値ある情報となるはずです。

  • オープンソースポリシーは、ラッシュのテクノロジー領域全体において、設計、構築、及びリリースする全てにオープンソースを取り入れるというものです。
  • 私たちは、OSI承認済みのライセンスでリリースされたテクノロジーのみを使用します。
  • 私たちはOSI承認済みライセンスのもと、全てのリサーチやコードをオープンコミュニティに還元します。

ラッシュのウェブサイト

Saleor社とのコラボレーションでオープンソースソリューションを活用しながらリニューアルしたラッシュ公式オンラインショップとアプリを通して、デジタルエシックスを軸としたオンラインショッピング体験をお客様に提供しています。Saleor社は、高レベルのライブラリからマシンコードに至るまで、世界中のオープンソースデベロッパーによる多大な貢献によって成り立っています。Saleor社は開発者ファーストのビジネスという新時代を切り開いており、オープンソースへの強いコミットメントはその中心的な役割を担っています。

 
私たちはグローバルなコマースプラットフォームとして、Saleor社に移行しました。Saleor社のオープンソースソフトウェアに対する倫理的なアプローチと大企業向けソリューションからの脱却という私たちの方向性に合致しています。フレッシュハンドメイドコスメを提供するという約束を果たすため、Saleor社のモジュール性と柔軟性が非常に役に立つのです。

Lush Tech R&D アダム・ゴズウェル

2. エシカルなハードウェア

電子廃棄物は、世界で急増加しているものの一つです。毎年2,000万トン以上の電子廃棄物が発生し、地域社会を傷つけ、生態系に深刻なダメージを与え、450億ポンド(約7200億円)もの無駄な収益を生み出しています。電子機器や白物家電の部品や原料である鉱物の多くは、人間にとっても環境にとっても有害なプロセスを経て、地球から採掘されています。さらに電子機器の二酸化炭素排出量の大部分(85~95%)は、その製造に由来しています。もし既存の機器を削減、またはリサイクルできれば、企業としての電子機器の二酸化炭素排出量を劇的に削減することができます。

  • 可能な限り、コンフリクトのない素材を使ったハードウェアのみを使用します。
  • 一般的なハードウェアについては高出力、低エネルギー消費のプロダクトのみを使用します。
  • 100%再生可能エネルギーのみでホスティングします。

3. エシカルなデータ

私たちは、データプライバシーは基本的人権であると考えています。ラッシュの友人で、テクノロジーメディア「The New Web」の創設者であるボリス・フェルトハイゼン・ファン・ザンテンの言葉を引用してみましょう。

「自分は何も隠すことがないからプライバシーを気にしないと言うのは、自分はお腹が空いてないから他の人々が飢えていることを気にしない、と言うのと同じくらい自分勝手なことだ」。

ケンブリッジ・アナリティカのような事例を見ても、私たちの個人データがどれほど価値あるものかを認識せざるを得ない世界になりました。身近な個人データとしては、あなたが投稿したツイートやアップロードした写真、あなたがメッセージを送った人たちなどです。最もダークなものの中には、あなたの身元の追跡情報や、あなたを殺害リストに載せるかどうかを決定するアルゴリズムがあります。

デジタルエシック

ミッションステートメント

WHAT’S INSIDE COUNTS. 

商品に使われている原材料。スマートフォンに使われている鉱物。重要なのはその中身です。

原材料の調達において、そのサプライチェーンが満足できるものではない場合、ラッシュはそのサプライヤーと緊密に協力しながら、あるべき姿に向かうよう取り組みます。デジタル領域においても、この考えが当てはまります。使用するハードウェアから適用するデータポリシーまで、テクノロジーをこの先も末永く使い続けるために、従来のやり方を見直し、必要があればゼロから自社でテクノロジーを開発します。

デジタルの世界で起きることは、地球やそこに生息する生命に影響を与えます。ただし、テクノロジーが社会や環境から奪うより多くのものを与えることができた時には、その影響はポジティブだと受け止められるでしょう。責任と透明性あるハードウェア、データ、そしてオープンソーステクノロジーを大切にしていきましょう。同じ考えを持った世界的なコミュニティーを応援していきましょう。私たちが望むのは、フレッシュハンドメイドテクノロジーが、破壊ではなく再生のために構築される世界です。デジタルイノベーションを加速させる準備はできています。

ラッシュは、テクノロジーとは社会や環境から奪うよりも多くのものを与えてくれるものだと信じています。

ラッシュは倫理的で責任あるハードウェア、データ、デザイン、そしてオープンソーステクノロジーを支持し、共通の考えを持った組織や団体を後押しします。ラッシュが責任ある原材料の調達方法を追求し、従業員の権利を大切にすることと同様に、ラッシュのデジタル部門もまた、コミュニティに還元できるエシカルなテクノロジーを信じています。

LUSH DIGITAL PROJECTS

ラッシュの共同創立者、マーク・コンスタンティンとモー・コンスタンティンの息子であるジャック・コンスタンティンは、既成概念に立ち向かい他社とは違うやり方でビジネスを展開する会社の中で育ちました。透明性を追求しながら、奪うよりも多くのものを与え、イノベーションと化粧品業界のスタンダードの向上を常に目指してきました。

ベストな形でデジタルエシックスを実践し、常識を覆すという尽きることのないイノベーションの推進力は、こうした背景に起因しています。ジャックがクラウドベースでモバイルファーストなインフラとしてデジタル部門を立ち上げたのは、より良いことを成し遂げたいという情熱が根底にあります。どこかの誰かが解決策を提供してくれることを待つことができなかったジャックは、信頼できるテクノロジーを精査し、自らチームを作ることを決めました。重要なことは、ユーザーにとってもクリエイターにとっても良い環境で、グローバルビジネスとして必要な条件を満たし、機能的かつ、広域なコミュニティとも共有可能なこと、そして人々の仕事や生活を助け、障害を取り除くためのテクノロジーであることでした。

Lush Labs アプリ

Lush Labs アプリは、開発プロセスをコミュニティに公開することを意図的に組み込んで開発が進められました。ラッシュの商品同様に、アプリ内の機能は遊び心を忘れずに、実験的なデザインとなっています。このアプリを通して私たちが提供する体験をより良い形で進化させるため、ユーザーの皆さんからアプリを使った感想を聞かせて欲しいと考えています。アプリ内の機能として最も成功した機能は、Lush Lens(ラッシュレンズ)です。

Lush Lens (ラッシュレンズ)

Lush Labs アプリにはAIのマシーンラーニング機能を活用したレンズが搭載されています。ラッシュのテクノロジー研究開発チームであるTech Warriors (テックウォリアーズ)によって開発されたこのレンズで気になるパッケージフリーの商品をスキャンすれば、店頭で水をつかわなくても商品情報を閲覧することができ、パッケージフリーの買い物を気軽にお楽しみいただけます。改訂版では、正しい商品を検出する精度が98%に向上しました。

Lush Lensは化粧品のパッケージ業界に革命を起こし、もしかしたらパッケージを無くすことすら実現できる可能性を持っていると、強く信じています。

共同創設者兼マネージングディレクター マーク・コンスタンティン
Lush Lensの使用方法

パーソナルショッパー

パーソナルショッパーとは、イギリスとアイルランドのお客様がたった数回のクリックでショップチームとつながり、オーダーメイドのアドバイスを求めたり、全国のショップで日々展開している最高のショッピング体験を届けるためのLush Labs アプリ内の機能です。お客様がショップで働くスタッフと会話し、それぞれの要望やニーズに合わせたご提案を受け取ることができる、より充実したプラットフォームです。まずはLUSH ボーンマス店、LUSH ベルファースト店、Lush バーミンガム店でトライアルが行われ、2020年9月にイギリスとアイルランドの全店舗に展開されました。

この機能のおかげで、ショップに来店することに少し不安を感じているお客様も、ショップにあるものや安全対策について質問できるようになったのです

LUSH ボーンマス店 シャーロット・ミルズ

Lush Moods

Lush Moodsは、Lush Labs アプリの機能で、カラーセラピーとバスアートにインスピレーションを受けたジェネラティブアートを使用して、インタラクティブなデジタルムードを創出します。深度センサ付きカメラに搭載されたセンサーからのデータでお客様の位置と動きをマッピングし、それをもとに内部から音、色、動きを起動させます。この革新的なテクノロジーにより、五感の感覚が高まるムードの演出が可能です。

Lush Pay – オープンソースコードを活用した独自のPOSシステム

Lush Payは、独占的なソフトウェアからの脱却を果たし、オープンソースコードを活用し、独自のシステムを構築したローミングレジシステムです。独自のテクノロジーを導入することで、ラッシュのデジタルエシックスを順守するシステムを構築することができるのです。

例えばLush Payは、電源構成が再生可能エネルギーであることが約束されたグーグルのサーバーで運用されています。可能な限りハードウェアを再利用しリサイクルすることでハードウェアの廃棄を制限します。また、独自のライブラリ (例えばSOAツールキット)を他者が利用できるようにすることでオープンソースに還元します。このようにして、他のデベロッパーの皆さんにもエシカルなテクノロジーの価値を共有しながら、その無限の可能性が開かれていくのです。

Lush Fairer Tablet

テクノロジーを駆使した没入体験の創造に注力している昨今、ラッシュはより良いタブレットという物理的なハードウェアの開発に着手しています。世界の900以上のショップで合計3,800台以上のレジを使用しているラッシュは、従来のレジシステムには大きなカーボンフットプリントが伴い、独占的なソフトフェアが使われ、ラッシュの商品のイノベーションのスピードに追いつくために、多大な労力が払われているということに気づきました。

現在のビジネスの中で、もしもあなたがその商品やセクターに疑問を抱き、そこに前向きな変化を起こしたいと思ったら、あなたにはそれができる。フェアラータブレットはそのことの明確な証明です

Lush Digital チーフ・デジタル・オフィサー 
ジャック・コンスタンティン
Audio player image

12:11