OUR APPROACH

ラッシュは、大義のためにポジティブな変革をもたらしてくれるテクノロジーが、社ラッシュは、テクノロジーとは社会や環境から奪うよりも多くのものを与えてくれるものだと信じています。テクノロジーは大きな意味での「善」を創出し、社会にポジティブな変革をもたらすこともできます。

ラッシュは倫理的で責任あるハードウェア、データ、デザイン、そしてオープンソーステクノロジーを支持し、共通の考えを持った組織や団体を後押しします。ラッシュが責任ある原材料の調達方法を追求し、従業員の権利を大切にすることと同様に、ラッシュのデジタル部門もまた、コミュニティに還元できるエシカルなテクノロジーを信じています。そして、これまで一握りの企業しか存在しなかったテクノロジー業界にオープンソースソリューションを提供し、透明性あるサプライチェーンやデジタルイノベーション、そして未だ語られていない「Tech For Good (良き事のためのテクノロジー)」のストーリーを伝えたいと考えています。

テクノロジーに対するラッシュのアプローチは機能主導です。ヘッドレスプラットフォーム上に構築し、APIとマイクロサービスを使用してクラウドベースのインフラに連結させています。また、可能な部分ではオープンソースコミュニティと協力しながら社内でサービスを開発したり、常に最善の方法を選択している外部のパートナーと連携しています。

私たちのデジタルビジョン

ラッシュは一部のSNSからサインアウトしました

2021年11月26日(金)、ラッシュは当時ビジネスを展開していた世界48の国と地域で運営するフェイスブック、インスタグラム、スナップチャット、 ワッツアップ、ティックトックがより安全な環境をユーザーに提供できるようになるまでブランドとしてのアカウント利用を止め、一斉にサインアウトしました。

このサインアウトは、これらのSNSプラットフォームが、より安全な環境をユーザーに提供できるようになるまで継続する、ラッシュの変化を求める行動です。また、この機会に、SNSの利用に関する新たなポリシー「ソーシャルメディアポリシー」を策定し、全世界のラッシュで展開します。

一部のSNSには深刻な弊害があるという証拠が続々と出てきている中、ラッシュはこの深刻な弊害に早急に対処することが必要であると考えており、他の誰かがこの問題に関して警鐘を鳴らすのを待つのではなく、ラッシュ自らの行動を変えることで、この問題に対処したいと考えています。

本件に関する企業ステートメントはこちらからご覧いただけます。また、今回新たに作成したSNSの利用に関するポリシー「ソーシャルメディアポリシー」はこちらからご覧いただけます。

事前警告:ソーシャルメディアに関連する若年層の自殺、うつ、不安の言及があります。

今回の私たちの決意は、勇敢な内部告発者によってもたらされた情報によって裏打ちされています。それは私たちの生活の新しい領域において、現在のアルゴリズムと緩い規制のために、若者が晒されている既知の弊害を明確に示すものです。

ラッシュはお客様を危険な場所にお連れすることはできません。しかし一部のソーシャルメディアのプラットフォームは、使用を勧められないような場所になりつつあります。いじめ、フェイクニュース、過激な価値観、FOMO、幻想振動症候群、操作されたアルゴリズム、いつまでもスクロールし続けられるコンテンツの視聴や閲覧は、若年層の自殺やうつ、不安を増大させると言われています。何かが変わらなければいけません。

私たちは、プラットフォームを運営する企業が最善の指針を出してくれることを切に願います。また近い将来、世界中で規制が制定されることを望みます。しかし、それをただ待つことはできません。お客様が私たちとソーシャルメディアやデジタルプラットフォームでつながろうとする際に経験するかもしれない弊害や操作の、盾となるべき行動を起こすべきであると感じています。

41%

オンラインでのハラスメントを経験したことがある人の割合

PRODUCT

ラッシュのデジタル商品

オンラインショップ(コマース)

コマースは、ウェブサイトやアプリ、デジタル上の販売プラットフォームといった、デジタルのショッピング・アプリケーションのことを指します。販売スタッフを介さなくとも商品を見つけやすく購入いただける、最高のデジタル体験をしていただける場所です。

Lush Pay

ラッシュは独自のレジシステムを開発しました。グローバルで展開している決済プロバイダーのAdyen社と協働して生まれたLush Pay(ラッシュペイ)では、ショップとオンラインの両方でデビットカードまたはクレジットカードでの支払い方法を提供しています。可能な限り多くのお支払い方法をお客様に提供し、お支払いをできるだけシームレスなものにしたいと考えています。

see more

ビジネスツール

ラッシュは自社でサプライチェーンを所有しており、これはテクノロジーの領域にも当てはまることです。ビジネスツールは、多岐にわたるラッシュの事業部門で使用される内外のシステムを管理・開発し、一つの製品が多くの事業で活躍することで、各事業のニーズが入り交うネットワークをつなぎ合わせることを可能にします。

デジタルコア

デジタルコアなくして、他のデジタル商品は存在し得ません。デジタルコアには、ラッシュのデジタル事業の中核となるインフラが内臓されています。ラッシュのデジタル商品が効率的かつ持続可能な方法で運用されるよう、可能な限りクラウドインフラを活用しており、自社のインフラネットワークの補修も行います。

Lush Lensがパッケージ業界に革命を起こし、パッケージを不要にしてくれる可能性があると確信しています

Lush CEO兼共同創立者、マーク・コンスタンティン

ラッシュは、API経由で自社のインフラに接続できるマイクロサービスツールに注力する企業と連携するか、ラッシュに合わせたサービスを社内で構築します。

重要なのは、ブラックボックス化されたシステムではなく、自分たちで開発して様々なシステムに接続できる、互いにつながっているネットワークを構築することです。あるコンピュータープログラムの機能を別で使用できるようにするAPIを使用し、2つの異なるプログラムが連結できるようにする構築方法が、私たちのネットワークサービスには採用されています。

私たちが使用するクラウドサービスは100%再生可能エネルギーを使用し、かつラッシュがスピード感を持って各国に投入することを可能にしてくれるGoogle Cloudです。ネットワーク上でバックアップされているので、ハードウェアの故障があってもデータは損失されず、データセキュリティはより強固なものになっています。

ヘッドレスコマースとは、アプリケーションのフロントエンドとバックエンドを分けることで、私たちが望むものを望む方法で開発できる表現の自由を持つことです。何より重要なのは、これによってラッシュは顧客体験を豊かにすることができるのです。

3%

全電気使用量のうち、インターネットに使用される割合

1.4m

2020年に英国のデジタル・フルフィルメントから発送された注文件数

Audio player image

12:11