福島老朽原発を考える会(フクロウの会)

射能汚染や事故の心配がなく、核のごみを生み出さない社会をめざして活動しています

活動エリア:宮城県大崎市、福島県南相馬市

プロジェクト内容:<放射能ごみ焼却炉周辺住民の尿検査による内部被ばく調査> 宮城県大崎市において2020年度より、汚染稲わら、汚染牧草など農林業系放射能汚染廃棄物(以下汚染廃)の一斉焼却が開始されました。大崎市焼却施設周辺の住民の尿検査により、これら風下地域の住民と比較対象地域の住民とで内部被ばくリスクに差があるかどうかを調査することで、セシウムの摂取経路の差異や共通性などを明らかにしていきます。

プロジェクト期間:2021年10月1日~2022年9月30日

http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/

 

被災地NGO恊働センター

阪神・淡路大震災以来、さまざまな災害に対応してきたボランティア団体です。「最後の一人 まで」「一人ひとりに向き合う」ことをモットーに、被災者に寄り添い、中長期的な復興 支援まで見据えた支援活動を実施しています

活動エリア:岩手県・宮城県

プロジェクト内容:<阪神・淡路大震災生きがい恊働事業まけないぞうを通じたコミュニティ活性化プロジェクト> 震災から10年が過ぎた被災地では、被災者は新しい土地で自力再建したり、復興住宅での暮らしが始まっています。しかし、これまでの仮設住宅でのコミュニティがバラバラになり、コミュニティを再構築しなければならなくなった方々もいます。被災地に行かなくても被災者と繋がり、幅広いコミュニティづくりつなげて、支援する側・される側の関係を超え、お互いに支え合える関係を構築していくことで被災者の生きがいや、コミュニティづくりを行います。

プロジェクト期間:2021年12月1日~2022年12月31日

http://ngo-kyodo.org/

 

NPO法人ふくしま30年プロジェクト

東電福島第一原発事故後、市民がその時々で持つ放射能への不安に対し選択ができるような判断材料を提供しようと、放射能測定を中心に活動しています。また、原発事故を次世代に伝えるための学びの機会を提供します

活動エリア:福島県県北地域

プロジェクト内容:<野生キノコや山菜などの高濃度に放射能汚染された食品についての周知と行政対応の改善を目指す事業> 野生キノコや山菜の現状を鑑みて、それら食品を直売所やフリマサイト等で購入測定し、基準値超については行政に報告、またマスコミを通じて一般層に情報を伝えます。未だ放射能の数値が高いこれらの食品の存在を世間に周知し、行政に監視・検査体制の構築を働きかけ、政府の進める食品基準値の見直しについて一石を投じたり、現在の社会また次世代の子どもたちに対して、原発事故によって起こったことを包み隠さず伝えていくことを目標としています。

プロジェクト期間:2021年10月1日~2022年9月30日

https://fukushima-30year-project.org/

 

311当事者ネットワークHIRAETH(ヒラエス)

一人ひとりが「経験のちから」を分かちあい、命と尊厳を守りながら多様性を認めあって安心して暮らせる社会を目指して、ヒラエスはこれからも多くの皆様と共に学びあいながら未来を考えながら活動をしています

活動エリア:愛知県・全国各地

プロジェクト内容:<東日本大震災・原発事故の「避難者一人ひとりの声」から課題解決するためのプロジェクト> 東日本大震災・原発事故が引き起こしたさまざまな課題を、被災・被害者主体の声を反映し解決していくため、導き出された課題と未来への教訓について具体的にどのように取り組んでいくか、今後の課題と活動を模索するワークショップを実施します。また311による広域避難者の事態と支援のあり方について、専門家を交えたシンポジウムを開催することで東日本大震災による全国の避難者の声を集め見えてきた課題を共に乗り越え、具体的に解決に導くことを目的とします。

プロジェクト期間:2021年9月1日~2022年3月31日

http://hiraeth.work/

 

Audio player image

12:11